エステ心理

5つの愛の言語タイプ

『5つの愛の言語タイプ』とは、アメリカの著名な心理カウンセラー、「ゲーリー・チャップマン博士」が唱えたものです。

人間の愛情表現は大きく分けて、
    1. Words of Affirmation「肯定的な言葉」=言葉で伝える愛
    2. Quality Time「クオリティ・タイム」=2人の時間を過ごすことで伝える愛
    3. Receiving Gifts「贈り物」=プレゼントを贈ることで伝える愛
    4. Acts of Service「サービス行為」=家事を手伝うなどで伝える愛
    5. Physical Touch「身体的なタッチ」=ボディタッチで伝える愛
という5つのタイプに分類されます。
その5つのタイプの中から、『人はそれぞれ異なった愛情表現をする』『人はそれぞれ異なった愛情表現をして欲しいと思う』というのが5つの愛の言語タイプです。

1.肯定的な言葉を使う

これは言葉で愛情を表現し、そして、言葉で愛情を表現して欲しいと思うタイプの人です。
人は誰しも、認められたいという欲求を持っています。パートナーであればなおさら。時には「愛してる」と言われるよりも、自分を肯定してくれる言葉を聞きたいとさえ思います。特に大切なのは、日頃の挨拶とささやかな励まし。
単純に言葉を反復するだけでも、相手は肯定されたと感じることができます。
特に外国人や日本人女性に多く見られ、逆に、日本人男性には少ないタイプです。ゆえに「私のことを全然愛してくれない!」という女性のグチを聞かせられる機会が多くなると思います。

2.良質な時間を持つ

空間タイプとも言い、これは一緒にいる時間が長ければ長いほど、深い愛情を感じるタイプの人です。
このタイプは男女共に多いので、これが原因ですれ違いが起こったという経験がある人は多いでしょう。
気持ちを伝えるためには、相手のためだけに時間を作ることが重要です。一緒にいるのにも関わらず、携帯電話やパソコンに気が入ってるようでは、関係を育むことはできません。パートナーと向き合うと決めたときには、これらの電源はオフにした方が良いでしょう。
彼氏か彼女のどちらかに一人でも時間タイプがいたとしたら、遠距離恋愛はまず無理でしょう。

3.プレゼントを贈る

これはプレゼントを贈る事で愛情を伝え、プレゼントをもらう事で愛情を感じる事ができる人です。
誕生日や記念日にプレゼントを贈るのは、当然として、日頃からさりげないギフトを贈るように心がけてください。
高価なものを準備する必要はありません。それよりも創意と工夫を重ねた物の方が、相手に気持ちが伝わります。
自分の存在も相手にとっての大切なギフトであることをお忘れなく。
例えば、このタイプのカップルにありがちなすれ違いのパターンとしては、女性の言語タイプはプレゼントタイプ。男性の言語タイプはプレゼント以外のタイプ。
女性はプレゼントが欲しいと言い、男性はそれに対して「物欲が強い女なのか?」と嫌悪感を抱く。
女性からすれば、決して高価なものが欲しいのではなく、あくまでも、「物」という形で愛情を伝えて欲しいだけなのに、それを理解されずにすれ違いが起こるケースが多いです。

4.気遣いを忘れない

これは例えば、家事を手伝ったり、料理を作ってあげたり、また、常に相手の事だけを考え、相手のために自分の時間を使ったりといった、文字通り、相手に何かをしてあげる事で愛情を表現し、何かをしてもらう事で愛情を感じる事ができるタイプです。
特に女性に多く見られるタイプです。
パートナーが日常的に必要としている助けを、さりげなくしてあげると良いでしょう。
たとえわずかな気遣いでも、相手にはより良く気持ちが伝わります。
男性であれば、相手の荷物を持ってあげたり、女性であれば、料理に一手間を加えたり。
気遣いは、言葉よりも強力に伝わる言葉なのです。
この場合のすれ違いのケースとしては、男性側はいつも言葉で愛情表現している。しかし、女性は奉仕をしてもらうことで愛情を感じるタイプのため、「言葉だけで、行動が全然伴っていない!!」と反論する。このような感じで、すれ違いが起こる可能性が高いです。

5.スキンシップ

これは触れ合いを重視するタイプ。
例えば手を繋いだり、ハグをしたり、キスをしたりといった、スキンシップをし合う事によって、愛情を感じるタイプです。
相手の体に触れることは、相手の存在を肯定する意味を持ちます。
過剰な接触でなくても、ちょっとしたスキンシップを図ることで、お互いのコンディションを確認し合うこともできるでしょう。
ただし、シチュエーションを間違えると、かえって不信感を与えてしまうので、要注意です。

★──────────────────────────────☆
トータルビューティサロン エクラ
東京都港区六本木4丁目10-3 第V大栄ビル5F03-6721-1762
お電話からのご予約TEL:03-6721-1762
Line@からのご予約 @rcu8949y
★──────────────────────────────☆